ソフトウェアやプリンターが揃っていれば一から自作も

フォトブック作成ソフトの印刷機能を用いれば自分で作れる

フォトブックを作る場合、必ず業者に依頼すべきなのかというとそんなことはありません。ソフトや機材が揃っているのであれば自分で作ってしまうのもありです。では、具体的にどのようなソフトと機材があれば自作のフォトブックを制作することが可能になるのでしょうか。まず、フォトブックを作成するためのソフトウェアですが、フォトブックを制作している会社が無料で配布していることが多いです。いくつかインストールしてみて使い勝手のいいソフトを選ぶといいでしょう。
こうしたソフトでは編集したフォトブックをネット経由でそのまま注文することもできますが、印刷機能を用いれば自宅に置いてあるプリンターで出力することも可能なのです。

古い写真をデジタル化してフォトブックにまとめることも可能

機材に関してはまずプリンターは絶対に必須です。家庭用のプリンターは基本的にレーザープリンターとインクジェットプリンターの二種類が存在しますが、カラーのフォトブックを作りたいのであればインクジェット、モノクロでもいいのでフォトブックを大量に作りたいのであればレーザープリンターが向いています。
もし、フィルムカメラで撮影した写真をデジタル化してフォトブックにしたいのであれば、スキャナーが必要になってきます。スキャナーはどういったタイプのものでもいいですが、取り込みたい写真の枚数がそれほど多くないのであれば比較的安価なフラッドベッドスキャナーで十分でしょう。
取り込んだ写真の傾きを補正したり、汚れを取り除きたい場合はフォトレタッチソフトが必要です。