他と比べてフォトブックにはデメリットはある?

人気が高いフォトブックのデメリット

昔に比べ、デジタルカメラやスマートフォン、タブレットが普及しているおかげで誰もが手軽に写真を楽しむことが出来るようになりました。写真をデータとして残しておけるので、枚数を気にせずに好きなだけ写真を撮ることが出来ますよね。人によってはUSBやSDカードに写真を入れてパソコンで鑑賞したり、デジタルフォトフレームを利用して写真を手元に飾っておいたり、写真の保存方法も色々と選べる時代になりました。

そんな中で、近頃人気が高まっている写真の保存方法がフォトブックです。お気に入りの写真を選んでオリジナルのアルバムを作成することが可能なフォトブックですが、実はいくつかのデメリットを抱えています。例えば、作成するのに高額ではないものの、多少の費用がかかるという点が挙げられます。もしフォトブックを友人や恋人、家族と共有するために複数冊制作するとなると、他の写真の保存方法に比べると出費がかさんでしまいます。

写真をたくさん載せるのには不向き

制作費がかかるという点の他に、フォトブックのデメリットとして挙げられるのが掲載できる写真の枚数です。フォトブックではページに限りがあるので、過去に撮影した写真を全て載せるという訳にはいきません。もちろん、料金は高くなってしまいますがページを追加することは可能です。しかし、それでも何百枚もの写真を1冊のフォトブックに載せるということは出来ないでしょう。

また、フォトブックには写真が小さくなってしまうという難点もあります。フォトブックの大きさにもよりますが、1ページに写真を複数枚載せる場合だとどうしても写真が細かくなってしまいます。1ページに1枚の写真だと、今度はフォトブック全体に載せられる写真の枚数が少なくなってしまいますよね。このように、フォトブックは写真を大量に載せるのには不向きであるというデメリットがあります。