写真を本にするフォトブック!そのメリットとは?

思い出をすぐそばに。カタチとして残しておけるフォトブック

思い出の写真をもっと大事にしたい!という人たちから高い人気を集めているフォトブック。デジカメやスマホの普及で写真を撮る機会は増えてきましたが、思い出の写真を液晶画面越しに眺めているだけでは何か物足りませんよね。フォトブックの最大のメリットは、そんな思い出深い大切な写真をカタチとして手元に残しておけること。同じ写真でも、液晶越しに見るのと本にして眺めるのとでは印象に大きな違いがあります。また、お気に入りの写真でいっぱいの本のページを1枚ずつめくっていく楽しみを味わえるのもフォトブックならでは。このように、写真をフォトブックとして残す最大のメリットは思い出の写真をカタチとして残しておけることでしょう。

文字を挿入することも可能!自由自在にアレンジを楽しめる!

写真を本にして残すことが出来るフォトブックのメリットの一つに、さまざまなアレンジを施すことが出来るというメリットがあります。フォトブックの多くはページの余白部分に好きな言葉を挿入することが可能です。お気に入りの写真が載ったページにコメントを一言添えれば、思い出の写真がもっと素敵なものになることでしょう。 また、フォトブックでは写真の配置も自由に決めることができます。1ページに複数の写真を集めたり、見開きを利用して写真を大きく載せたりなどページのレイアウトは自由自在です。フォトブックによっては本の表紙や裏表紙もデザインすることができるので、自分の好みに合ったフォトブックを作れます。写真をカタチとして残せるだけではなく、オリジナルのアレンジを施すことができる点もフォトブックの大きなメリットだと言えるでしょう。